少しでも安く免許を取得したい方は合宿プランがおすすめです

短期間で安い費用で自動車の運転免許証を取得するのに一番おすすめの方法は、合宿に参加しながら自動車学校で教習を受けることです。教習所が実施する宿泊プランの料金には通学教習の基本料金よりも安く設定されていますし、再検定や補習料金なども全て含まれています。宿泊プランの基本料金の中には教習期間中の宿泊費・食費・光熱費・現地までの交通費なども全て含まれているので、現地で必要な費用は1万円~2万円程度で済みます。
宿泊プランを上手に活用すれば教習費用が安くなるだけでなく、短期間で教習所を卒業できるので時間を有効に活用することができます。学生の方であれば春休みや夏休み期間を活用して2週間程度の短い期間で教習所を卒業して、残りの休み期間を利用して別の場所に旅行に行くこともできます。

安くて短期間で教習所を卒業できる理由

教習所の宿泊プランの基本料金を見る限りは通学教習とあまり変わらないように見えますが、トータルで必要な費用はかなり安くすることができます。合宿免許の基本料金の中には、教習費用の他にも教習期間中の滞在費(宿泊費・食費)、現地に行くための交通費など必要な費用がほぼ全て含まれています。
通学教習を選択した場合は食費や光熱費を負担しなければなりませんが、宿泊プランであれば教習期間中の生活費はほぼ無料なので、少額の雑費だけで済みます。このため、食費や生活費を含めたトータルで必要な費用は通学教習よりも大幅に安くなります。宿泊施設や校舎内では無料でWiFiが利用できる場合があり、その月のスマートフォンの通信量を節約できます。
普通自動車コースで宿泊プランを利用すると、毎日2時限または3時限の技能教習を受けることができます。通学教習のように予約が取れなくて教習が受けられないという事がないので、大半の人が最短日数で教習所を卒業することができます。仮に検定不合格で卒業日数が延びたとしても、追加料金不要で2~3日程度遅れるだけで卒業できます。

実質的に無料で旅行が楽しめるというメリットもあります

合宿に参加するためには、居住する地域から離れた地方の教習所まで出向かなければなりません。考え方によっては地元で通学教習を利用するよりも格安料金で教習が受けられる上に、実質的に旅費が無料で国内旅行が楽しめることになります。教習の空き時間には、地元の観光名所を訪問したり、教習所によっては周辺のレジャー施設や温泉施設を割引料金または無料で利用できるケースもあります。
宿泊プランを活用すれば安い費用で教習を受けることができる上に無料で国内旅行が楽しめるので、お金に余裕がない学生に一番おすすめの方法です。学生の方が夏休みの前半を活用して宿泊プランを利用する場合には、教習所を卒業した後も休み期間がまだ半分以上も残っているので、海外旅行に行くことも可能です。休み期間の前半に運転免許を取得しておけば、休みの後半にドライブ旅行を楽しむこともできます。