相続財産の税金対策としての賃貸経営

相続税対策のために賃貸経営を考える人がいます。そのままの金額をもとに評価される現金や預貯金に対し、賃貸に使用する土地や建物は評価額を低く抑えることが出来るからです。又、預貯金等ではなく土地を更地の状態で保有している場合でも、評価額が高くなってしまいます。そこに賃貸住宅を建設すれば、これを下げることが出来ます。現金のまま相続した場合には、その全額が課税されてしまいます。従ってこれが相続財産の評価額がより低い賃貸用の土地と建物という形で相続した場合では、支払う税金を少なくすることが出来ます。相続税対策以外にも節税対策となります。賃貸経営に当たり、支出した減価償却費用や修繕費、ローン金利等が賃貸収入を上回り不動産所得に損失が出た旨確定申告すると、所得税や住民税を軽減してもらえる措置があるからです。



賃貸経営のサブリースのリスク



不動産投資には高値で売却してキャピタルゲインを得る方法がありますが、同じ不動産投資でも賃貸経営によるものは、借り手さえ見つかればそこから継続的で安定的な収入が見込めます。その為、老後の備えとして不労所得となる賃貸経営に乗り出すい人も少なくありません。しかし、少子高齢化による人口減少や空き家が増加も進んでいるといった背景もあって、入居者が確保できない事態も想定されます。しかし賃貸物件のためのローンを組んだら、その毎月の返済額以上の賃貸収入を確保する必要があります。管理会社が賃貸経営者と契約を結んで入居者を募集して転貸借をし、仮に入居者がいない場合でも一定額まで家賃を保証して貰えるサブリースという方式もあります。しかし契約後にその見直しを迫られて保証額が引き下げられたり、管理会社自体が倒産するなどのリスクも背負うことになります。



賃貸経営は転貸借方式にしています



賃貸経営を10年しています。建てた時は建てた所に管理費を支払っていました。入居したいと希望者があれば、オーナーさんどうですかと連絡してきました。家賃も月末振込と契約していても、皆バラバラに降り込んできます。通帳を見て何月分の家賃か書き込んでいました。住人とトラブルになると管理費を払っているのに、オーナーに解決してくれと行って来ました。解約して新しい不動産業者に変わりました。賃貸経営は転貸借方式を勧められました。転貸借方式とはオーナーの代わりに貸主として経営をしてもらう管理体制の事です。家賃支払精算書に支払額から送金手数料・電燈料金・修繕費用・管理費相当額が差し引かれた明細書が届きます。賃貸経営の仕方のアドバイスのチラシも送って来てくれます。家賃の送金は毎月決まった曜日にあるので、銀行に確かめに行くだけです。管理費相当額は収益の5%なので、依頼して色んな手間がはぶけて良かったです

入居者の獲得から、経営管理まで、全てを自社でやらせて頂いております。 30年間経営が行えると判断した時に提案します。 多くの方に支持される賃貸経営ノウハウがあります。 当社の強みは歴史ある建築ノウハウであり、賃貸住宅のリーディングカンパニーとして、仕事を行っています。 管理や、維持業務は全てお任せ下さい。 会員の暮らす得るの方には人生のサポートをし、一つ上の暮らしを提供させて頂いております。 賃貸経営も支えるレオパレス21です。